人気の国家資格取得法&活用法教えます!

人気資格を解説! ~宅地建物取引士・仕事編~

不動産の知識は社会人の基礎! 大人気の国家資格

宅地建物取引士の資格は、“宅建”という名でご存知の方も多いと思います。
宅建の資格は、宅地建物取引業法という法律で定められているもので、土地や建物の売買や仲介を行う不動産業を営むためには、事業所ごとに最低1人、大きな事業所では5人に1人の割合で有資格者を置かなければならない、とされています。

なぜそのように決められているのかというと、土地や建物の売買を行う際に買主や売主の立場を守るため、宅建士が買主または売主に対して、「重要事項説明」を行わなければならないと定められているから。売買の対象となっている不動産に関するあらゆる事柄を、宅建士が責任持って説明しなければ、正式な取引として成立しないのです。

ですから、不動産関係の会社に就職や転職を希望している人は、この資格を取得していなければ話にならない、というのは納得できますね。
さらに、住宅メーカーや金融機関など、不動産に接する機会の多い企業で働く人にも必要となってくるでしょうし、それ以外の企業でも、自社の不動産の管理などにおいて、宅建の知識を持つ人材は必要とされるでしょう。
宅建は、社会人として取得しておいて損はない資格、と言えるのではないでしょうか。

しかも、不動産の知識を持つことは仕事上で有利に働くだけではなく、自分自身の不動産売買や賃貸契約の際にも役立つはず。悪徳不動産業者にだまされない知恵が身に付いたり、物件を見極める目が養えたり、ということだけでも、この資格を取得する価値は大いにあるといえますね。

難関資格専門の通信講座なら