人気の国家資格取得法&活用法教えます!

人気資格を解説! ~ファイナンシャルプランナー・仕事編~

金融の知識を駆使して顧客を導くホームドクター!

日本でも徐々に知名度が上がってきている、ファイナンシャルプランナー(通称“FP”)という資格。保険業界や金融業界などでは、取得していて当たり前というメジャーな資格になりつつあります。
長い不況が続く中、教育資金や住宅資金、老後の生活資金をどうやって確保するか、といったお金に関する悩みを抱える人が増えていますが、そんなときに的確なアドバイスをしてくれるのがファイナンシャルプランナーという存在です。

ファイナンシャルプランナーは、
①年金(年金保険料など)
②保険(生命保険、自動車保険など)
③税金(確定申告、年末調整など)
④金融(株式投資、預貯金の方法など)
⑤不動産(不動産取得、住宅ローンなど)
⑥相続(相続税など)
といった金融に関する幅広い知識を持っています。

ファイナンシャルプランナーは、顧客が将来達成したい目標や実現したい夢をかなえるため、「それに必要なお金」という観点から設計をし、アドバイスを行います。
このとき、顧客の生活状況や預貯金などの資産を把握し、プライベートな部分にまで一歩踏み込んでプランニングを行いますから、顧客にとっては身近な存在となり、まるでホームドクターのように欠かせない存在となっていくのです。

ファイナンシャルプランナーとして働く方法として、2つの方法が考えられます。ひとつは、保険会社などの企業に就職しながら資格を取得して働く方法。もうひとつは独立して事務所を構え、個人の顧客相手にコンサルタントなどを行っていく、独立系ファイナンシャルプランナーという方法です。

ファイナンシャルプランナーという資格は、企業に就職して資格を活かすこともできますし、独立することも可能な、フレキシブルな資格であると言えるでしょう。
いずれにしても、今後は日本でも『個人の資産は個人で守る』という風潮が高まっていくことが予想されますから、ファイナンシャルプランナーの需要もどんどん高まっていくことが考えられます。

難関資格専門の通信講座なら