人気の国家資格取得法&活用法教えます!

就職して使える資格

持っているだけで、企業の即戦力と判断される資格!?

ビジネスに役立つ資格もさまざまありますので、いくつか細かく分類することができます。
主な要素のひとつと考えられるのは、「企業に就職しながら活かせる資格かどうか」というポイント。このことは、「就職や転職に有利になるかどうか」ともイコールで結ばれていると思います。このような資格を仮に『就職型』資格としておきましょう。
後で詳しく触れますが、資格の中には『独立開業型』といい、一般企業に就職していては資格を活かした仕事をすることはできないし、副業としても認められないというものがあります。司法書士や行政書士などがそれに該当し、これらの資格を取得しても、就職や転職にはさほど有利にならないと言われています。その代わり、独立して自らの事務所を立ち上げて営業するという働き方を選択できるわけです。

企業に就職することで実力を発揮する資格の例として挙げられるのは、宅地建物取引士(通称“宅建”)でしょう。
不動産業界で働く人や就職を希望する人の間では、もはや必須の資格と言われています。そもそも宅建は、不動産業を公正に営むために定められた資格ですから、宅建の資格だけで独立して開業することはできません。不動産会社で働くことを前提として作られた、不動産営業マンのための資格というわけです。
しかし、宅建という資格の強みは、不動産という特殊なジャンルを扱っているところにあります。不動産に関する知識は不動産会社に限らず、住宅メーカーや住宅ローンを扱う金融業、その他の企業でも必要とされているものです。
ですから、宅建の資格を有している(=不動産の知識を持っている)ということは、さまざまな企業への就職・転職に有利に働くことは言うまでもありません。

このように、『就職型』に分類される資格には、
①その資格だけでは開業できない、
②その資格で得られる技術や知識が幅広い企業で受け入れられる、
といった特徴が挙げられると思います。この観点から考えると、簿記の資格なども、就職して力を発揮する資格と考えてよいでしょう。

難関資格専門の通信講座なら