人気の国家資格取得法&活用法教えます!

独立して使える資格

開業して一国一城の主に! 実力次第で高収入も狙える!

前のページでも少し触れましたが、企業に就職するのではなく、自らの事務所などを立ち上げて資格を活かす、『独立開業型』と分類される資格があります。

例として挙げられるのは、行政書士という資格です。
行政書士は、飲食店などの開店許可や会社設立など、役所への許可申請が必要なときに、依頼主に代わって書類を作成して申請するのが主な仕事。
仕事の性質上、一般の企業に就職してもこの資格を活かして働くことができません。(ただし、行政書士事務所に就職するという方法はあります)
サラリーマンが副業としてこの仕事を行うことも禁止されていますので、行政書士資格を取得したら、行政書士事務所に就職するか、独立開業という道しか考えられないわけです。

企業に就職するという選択肢が与えられない代わりに、自分の城(事務所)を持つことができるというチャンスが与えられています。
しかも、行政書士の場合、自分が仕事をするデスクや打ち合わせスペース、パソコンなどの最低限の機器があれば開業できるので、飲食店や商店などの一般的な自営業に比べて初期のコストは極端に少なくて済みます。
大きなリスクを背負わずに開業でき、努力次第で高収入を得ることも可能ですから、「いつかは独立したい…」という夢を持っている人には、かなり魅力的な資格と言えますね。

このように、『独立開業型』の資格には、
①企業に就職しながらその資格を活かして働くことはできない、
②独立開業すれば、それなりの需要が期待できる、
というような特徴が挙げられます。
弁護士、司法書士、行政書士などがこのジャンルに分類されると思いますが、いずれも資格取得が難しく、開業してからの営業努力や経営手腕も問われる資格と言えます。その代わり、高収入を得ている人が多いのも事実でしょう。

難関資格専門の通信講座なら